HOKKAIDO SHINKANSEN

about 北海道新幹線について

開業までのあゆみ

北海道新幹線(新青森〜札幌間)は、「全国新幹線鉄道整備法」に基づく昭和48年の「整備計画」により整備が行われている「整備新幹線」です。
新青森〜新函館(仮称)※間については、平成17年4月27日に工事実施計画が認可され、平成28年3月26日に無事開業を成し遂げることができました。
また、新函館(仮称)〜札幌間については、平成24年6月29日に工事実施計画が認可され、新青森〜新函館北斗間の開業から概ね20年後の完成を予定して工事に着手しましたが、平成27年1月の政府・与党申合せおいて、平成42年度末の完成を目指すこととされました。
北海道新幹線の開業により、北海道と本州、特に関東・東北地方との間を移動する方々の利便性が大幅に向上します。
当社は、北海道新幹線の営業主体として新青森〜新函館北斗間の安全運行に万全を期すと共に、地域の皆様と連携して様々な営業施策を展開し、新幹線開業効果が北海道全体に拡大するよう取り組んでいます。
※工事実施計画では、新函館北斗駅発表後も「新函館(仮称)」をそのまま使用しています。

北海道新幹線の
駅ルート図・整備スキーム

駅ルート図

整備スキーム

整備新幹線の整備スキームは、鉄道・運輸機構が新幹線施設を建設・保有し、営業主体であるJR(車両保有・運営)に対して施設を貸し付ける上下分離方式となっています。新幹線建設の財源については、貸付料収入を充てた残りの部分について、国が3分の2、地方自治体が3分の1を負担することとなっています。

並行在来線(五稜郭〜木古内間)の
経営分離について

概要

江差線の五稜郭〜木古内間は北海道新幹線の新函館北斗開業時に並行在来線としてJR北海道から経営分離され、第三セクター「道南いさりび鉄道株式会社」により運行開始となりました。

並行在来線として経営分離する区間

着工前に営業主体となるJRが経営分離する区間を提示し自治体(道、市町村)が同意することで決定します。

※函館線小樽~札幌間は、札幌都市圏輸送の使命を担っており、新千歳空港方面や岩見沢方面と一体的な列車の 運用を行っていることからJR北海道が運営を継続予定。

PAGE TOP