HOKKAIDO SHINKANSEN

ABOUT 北海道新幹線について

駅STATION

これからの地域の顔となる北海道新幹線駅舎。

  • ― 新函館北斗駅 ― SHIN-HAKODATE-HOKUTO

    駅舎紹介
    北海道の新たな拠点となる、陸の玄関口。

    北海道新幹線開業と同時に渡島大野駅から改称し、「新函館北斗駅」となりました。「新函館北斗駅」は、北海道の新たな玄関口として、地域の自然を感じながら、まちの一体感を強調したデザイン。トラピスト修道院へ続くポプラ並木をイメージした大きな柱が特徴的な駅舎には、道南の杉が使われています。

    駅舎内
    駅舎内には道南を北限とする「杉の木」をふんだんに使用しています。また、柱は北斗市内にある「トラピスト修道院」に並ぶ、ポプラ並木をイメージしています。
    ガラスへの衝突防止の「赤とんぼ」
    ガラスへの衝突防止を目的に貼り付けられている「赤とんぼ」。詩人・三木露風は大正9年からの4年間、日本文学の講師として、北斗市内にあるトラピスト修道院に滞在。この地での体験やふるさとを思い、滞在中に作られたのが童謡「赤とんぼ」だったことから、デザインに「赤とんぼ」を使用しています。さらに…この駅の中に「7つ」だけ、赤とんぼに混ざって、北斗市のキャラクター、「ずーしーほっきー」のデザインがあります。見つけた方は幸運になる!?
    駅舎内Googleストリートビュー
    駐車場

    [問い合わせ先]
    北斗市経済部水産商工労働課
    TEL:0138-73-3111 (内線285~287)

    駅からの主な交通手段
    • 路線バス
      函館市内近郊方面

      ▶ 函館バス「大野線/北斗市内経由」
      (平日15往復、土・日・祝日10往復)
      ▶ 函館バス「七飯線/七飯町内経由」
      (平日29往復、土曜25往復、日・祝日24往復)
      ▶ 函館バス「美原ライナー」
      (土・日・祝日のみ1日4往復)
      ▶ 函館バス「北斗市南北市街地連絡バス」
      (4~11月の土・日・祝日のみ1日4往復)

      函館郊外方面

      ▶ 函館バス「函館〜江差線」(1日5往復)
      ▶ 函館バス「七飯経由鹿部線」(1日3往復)
      ▶ 函館バス「快速瀬棚号」(1日1往復)

      湯の川方面

      ▶ 帝産バス「新函館北斗駅~湯の川・
      函館空港」(1日6往復)

      ※その他、湯の川、大沼方面行きの
       路線バスもございます。

    乗り場案内

    乗り場案内

    • 都市間高速バス
      江差・鹿部・瀬棚方面
    • 湯の川方面定期観光バス
    • 湯の川・函館空港方面
      大沼・流山方面
    • 函館方面
      (七飯線・美原ライナー)
    • 函館方面
      (大野線・北斗市南北市街地連絡バス)
  • ― 木古内駅 ― KIKONAI

    駅舎紹介
    北海道の新たな拠点となる、陸の玄関口。

    「木古内駅」は、過去・現在・未来へつながるまちの歴史性を、打ち寄せる波のリズムや木々の合間に満ちる木漏れ日にのせてデザインしています。垂直制を強調したリブ状の壁面は、寄せては返す津軽の浜辺と、たくましく生きる木々や人々をイメージしています。

    駅舎内
    新函館北斗駅同様、道南を北限とする「杉」をふんだんに使用。コンコースの天井部分は津軽海峡の波をイメージしたデザインとなっています。駅からすぐの場所には道の駅みそぎの郷きこないがあり、地元の観光情報発信のほか、地元名産品を取りそろえたショップ、有名シェフ監修のレストランなどが集まっています。
    駐車場

    [問い合わせ先]
    木古内町建設水道課
    TEL:01392-2-3131

    駅からの主な交通手段
    乗り場案内

    乗り場案内

    • タクシー乗り場
    • 函館行バス乗り場
    • 江差行バス乗り場
    • 松前・小谷石行バス乗り場
  • ― 奥津軽いまべつ駅 ―  OKUTSUGARU-IMABETSU

    駅舎紹介
    北海道と東北を繋ぐ青森の新スポット。

    「奥津軽いまべつ駅」は、今別町のシンボルである青函トンネルを、シンボリックなアーチを冠したゲート風にデザインしています。奥に延びる連絡通路と駅舎のつながりは、青函トンネルとその先に広がる津軽海峡、さらに北海道の大地をイメージさせます。

    今別町n伝わる伝統芸能「荒馬(あらま)まつり」のデザイン
    改札口正面にある一面のガラスには、今別町に伝わる伝統芸能「荒馬(あらま)まつり」のシルエットが、デザインされています。さらに、待合室のガラスにも「荒馬まつり」がデザインされています。
    「荒馬まつり」の衣装で使用されている色
    奥津軽いまべつ駅の床、ドアにデザインされた色は、今別町に伝わる伝統芸能「荒馬まつり」の衣装で使用されている色を表しています。
    駐車場

    [問い合わせ先]
    ・今別町企画課
    TEL:0174-35-2001
    ・道の駅いまべつ半島ぷらざ「アスクル」
    TEL:0174-31-5200

    駅からの主な交通手段
    • 駅レンタカー

      ▶ 駅レンタカー奥津軽いまべつ営業所
      (道の駅いまべつ 半島ぷらざ「アスクル内」)
      営業時間/9:00〜19:00 ※1/1は休業

      ※その他、タクシーもございます。

    乗り場案内

    乗り場案内

    • 今別町巡回バス乗り場
    • タクシー乗り場
    • 津軽中里駅行バス乗り場

PAGE TOP