観光コラム[東北] Tourism Column - TOHOKU -

温泉百景・東北ぽかぽか旅

秋から冬にかけての旅は、温泉をメインにプランを立てたいものですね。
東北は、北海道に勝るとも劣らない、温泉の宝庫。
各地には、歴史、由来、風情、泉質それぞれに特徴のある湯の町があります。
北海道新幹線で東北のお気に入りの名湯へ。せっかくですから、途中下車も楽しんで。
身も心も癒され、遊びごころまで満たされる旅のヒントをお届けします。

古牧温泉[青森]

温泉地の数、温泉湧出量ともに全国屈指、湯治文化が根付いている青森県。古くから親しまれている名湯・古牧温泉は、アルカリ性単純泉の湯で、とろりとした柔らかい肌ざわりが特徴です。冬季は、露天風呂を囲む池にねぶた灯篭を浮かべる「ねぶり流し灯篭」が行われ、幻想的な雰囲気の中で湯浴みを楽しめます。

古牧温泉[青森]

せっかくなら、八戸で途中下車!
東北・南部地方の中心都市、八戸。ぶらり歩いてみませんか。

せっかくなら、八戸で途中下車!

[国宝]櫛引八幡宮 国宝館

鎌倉時代からの由緒を持つ、南部一之宮。江戸時代前期の社殿形式を伝える本殿は、国の重要文化財に指定されています。神社内の国宝館では、赤糸威鎧、白糸威褄取鎧の2つの国宝をはじめ、20点以上の文化財を収蔵・展示。見応えは十分です。また、境内の「明治記念館」は、青森県内に現存する最古の洋風建築としても知られています。

八戸市八幡字八幡丁3
アクセス/JR八戸駅から車で約10分
参観時間/9:00〜17:00 休館日/無休
入館料/大人400円、中・高校生300円、小学生200円、幼児無料
お問い合せ先/Tel.0178-27-3053

http://www.kushihikihachimangu.com/

せっかくなら、八戸で途中下車!

[国宝]櫛引八幡宮 国宝館

テーマは「アオモリは、おもしろくて、かっこいい。」青森県を中心にした東北六県の工芸家やアーティストとともに、郷土の魅力を引き出したオリジナル製品をリリース。伝統工芸品、デザイン・アート関係の書籍、雑貨を厳選したセレクトショップです。オンリーな品々との出会いをお楽しみください。

八戸市三日町11-1 八戸ポータルミュージアムはっち1階
アクセス/JR本八戸駅(JR八戸駅から八戸線)から徒歩で約10分
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎月第2火曜日、12/31、1/1
お問い合わせ先/Tel.0178-20-9661

http://www.kaneiri.co.jp/shop/

せっかくなら、八戸で途中下車!

[国宝]櫛引八幡宮 国宝館

縄文遺跡群から国宝・合掌土偶が出土している八戸市。この美術館は、出土品の美しさは縄文人の素朴な心の美しさの現れとして、「素の心の美しさ」に魅せられた作家・澤田政廣はじめ門下の関頑亭、その他の作家の作品を子供たちに観てほしいと考えて開館。木彫、奈良・天平時代の脱活乾漆技法による彫刻、ブロンズ、絵画、書、陶彫など、多分野の作品を展示しています。

八戸市大字長苗代字上碇田56-2
アクセス/JR八戸駅から徒歩で約15分
開館時間/10:00~16:30(最終受付16:00)
休館日/月曜日(祝日の場合開館し、翌平日は振替休館)、展示替期間、年末年始
入館料/大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円※障害者手帳をご提示いただいた場合、ご本人のみ半額。
お問い合わせ先/Tel.0178-27-6570

http://www.kosakagiken.co.jp/senshin/

北海道新幹線とリゾート、あすなろに乗る函館・青森
予約する
電子パンフレット

厳美渓・矢びつ温泉[岩手]

厳美渓は、仙台藩主・伊達政宗公ご自慢の景勝地だったとか。厳美渓温泉は、四季折々の風情を見せる渓谷沿いに湧出しています。かつて、慈覚大師が居住したとされる山王山の雄大なパノラマを望める矢びつ温泉は、とくに10月中旬から11月上旬の紅葉時期は多くの人々が訪れます。いずれの温泉も「美人の湯」として知られています。

厳美渓・矢びつ温泉[岩手]

せっかくなら、盛岡で途中下車!
歴史と文化の香り高い、盛岡。たくさんの発見が待っています。

[重要文化財]岩手銀行赤レンガ館

[重要文化財]岩手銀行赤レンガ館

1911年から2012年まで銀行として営業を続け、約3年半に及ぶ保存修理工事を経て、今年7月に岩手銀行赤レンガ館としてオープン。開館当時のままに復原された応接室や重役室、会議室などは、必見です。東京駅を設計した辰野金吾らが手掛けた建築で、東北地方では唯一現存している辰野の作品でもあります。

盛岡市中ノ橋通1丁目2-20
アクセス/JR盛岡駅からバスで約10分
入館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日/火曜日、12/29〜1/3、※施設の設備点検・修理等で休館する場合もあります。
有料ゾーンの入館料/一般(16歳以上)300円、小・中学生100円、未就学児童無料 ※障害者手帳をご提示いただいた場合、ご本人と介護をされる方(1人まで)は無料。
お問い合わせ先/Tel.019-622-1236

http://www.iwagin-akarengakan.jp

いーはとーぶアベニュー材木町

いーはとーぶアベニュー材木町

盛岡駅前の旭橋を渡ったところにある通り。宮沢賢治ゆかりの民芸品店をはじめ、手仕事にこだわる陶器、木綿、漆器などの店が軒を並べています。背広姿の賢治が座る石座をはじめとする6つのモニュメントを探しながら歩くのも、楽しいもの。11月下旬までは、毎週土曜日の夕方に土地の食材が並ぶ「よ市」も開催されます。

盛岡市材木町
アクセス/JR盛岡駅から徒歩で約10分
お問い合わせ先/Tel.019-623-3845(材木町商店街振興組合)

http://www.odette.or.jp/

盛岡手づくり村

盛岡手づくり村

盛岡の工芸品、民芸品、食べ物などの伝統技術を集めた施設。11業種・15工房が集うゾーンでは、熟練職人の伝統技法を間近に見学できるほか、はたおり、こま絵付、冷麺づくりなどの体験もお子様と一緒に楽しめます(有料)。この他、4000種類以上の地場産品が並ぶ展示即売室、約200年前に建てられたとされる「南部曲り家」も人気です。

盛岡市繋字尾入野6-102
アクセス/JR盛岡駅からバスで約30分
営業時間/8:40~17:00 
休村日/12/29~1/3 ※臨時休業する場合があります。
入村料/無料(展示資料室のみ入場料大人100円)
お問い合わせ先/Tel.019-689-2201

http://tezukurimura.com/main/

水と緑の癒しのスポット、十和田湖~奥入瀬渓流へ!
電子パンフレット

会津東山温泉[福島]

8世紀後半または天平年間、名僧・行基によって発見されたと伝わる奥羽三楽郷のひとつ。江戸時代には、会津藩の湯治場として栄えました。からだにやさしいサラサラの単純泉と、風情あふれる温泉街を楽しめます。竹久夢二や与謝野晶子などがこよなく愛した湯の街、会津民謡に登場する小原庄助ゆかりの地としても知られています。

会津東山温泉[福島]

せっかくなら、盛岡で途中下車!
伝統とモダンが調和する杜の都、仙台。見どころも多彩です。

[国宝]大崎八幡宮

[国宝]大崎八幡宮

1607年、伊達政宗公によって創建。権現造(石の間造)の典型で、本殿・石の間・拝殿が一体となっています。また、石の間の格天井には多数の草花や薬草が描かれ、内外とも漆塗・胡粉下地に彩色を施し、彫刻・金具に飾られ、絢爛たる雰囲気を表しています。1952年、安土桃山時代の我が国唯一の遺構として国宝に指定されました。

仙台市青葉区八幡4-6-1
アクセス/JR仙台駅からバスで約20分
お問い合わせ先/Tel.022-234-3606

http://www.oosaki-hachiman.or.jp/index.html

[国宝]大崎八幡宮

[国宝]大崎八幡宮

1933年から続く玉虫塗総本舗。玉虫塗とは、漆の下から照り返すように銀粉が浮かび上がり、艶やかな光沢を生み出す点が特徴であり、魅力。昭和初期に国策として開発された独特の技法で、同社はこの取り組みをリードした国立工芸指導所などの支援を受けて創業しました。伝統と確かな技術に裏打ちされた新しいアイテムは、海外からも注目を集めています。

仙台市青葉区上杉3-3-20ユナイト上杉ビル1F
アクセス/JR仙台駅から徒歩で約20分
営業時間/10:00~18:00
休業日/日曜、祝日、第2・第4土曜
お問い合わせ先/Tel.022-222-5401

http://www.t-kogei.co.jp/

カメイ美術館

カメイ美術館

蝶の収集家として有名なカメイ社会教育振興財団前理事長・亀井文蔵氏が、子どもたちが自然に親しむための第一歩となればとの思いから開設。世界各国の蝶の標本約14,000頭、ヘラクレスオオカブトなどの甲虫類の標本約1,300頭を常時公開。日本近代絵画の黎明期を担った画家の作品、東北地方独特の特徴を表すこけしのコレクションも随時展示しています。

仙台市青葉区五橋1-1-23
アクセス/JR仙台駅から徒歩で約10分
開館時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日/月曜(祝日は開館)、12/28~1/4
入館料/一般300円、65歳以上・高校生以下・障害者等及び付添者無料
お問い合わせ先/Tel.022-264-6543

http://www.kameimuseum.or.jp/

水と緑の癒しのスポット、十和田湖~奥入瀬渓流へ!
電子パンフレット

[平成28年8月30日時点の情報です。]詳細等については各施設にお問い合わせ下さい。

Back Number

青森県・函館デスティネーションキャンペーン 行こう、青森!楽しもう、東北!

8月上旬開催の「東北四大祭り」。一度ですべて見ることも。