HOKKAIDO SHINKANSEN

SIGHTSEEING 観光情報

エリア情報SIGHTSEAING INFORMATION

SPOT

[見る&遊ぶ]

1,600年前の続縄文時代の彫刻を保存。洞窟内は人類のロマンを感じるタイムマシーン

小樽市手宮洞窟保存館(国指定史跡 手宮洞窟)

概要

  • 1921(大正10)年には、その価値が認められ、国指定史跡となりました。1995(平成7)年に彫刻を保存するため手宮洞窟保存館を完成させました

  • 手宮洞窟では「角のある人」の他、手に杖のようなものを持った人や、四角い仮面のようなものをつけた人が描かれており、シャーマンを表現したものという考え方が有力です

手宮洞窟は1866(慶応2)年に発見されたものです。手宮洞窟に描かれている彫刻(陰刻画)は今からおよそ1,600年前ころの続縄文時代のもの。全国的に見ても珍しく、古代人の心を知る上で第一級の遺跡といえます。手宮洞窟保存館では、カプセルで保存された彫刻(陰刻画)を実際に見ることができ、続縄文文化人の精神にふれることができます。小樽で人類のロマンを感じてみませんか。

所在地
小樽市手宮1丁目3-4
問い合わせ先
0134-33-2523(小樽市総合博物館)
定休日・営業時間
休館日/火曜日(祝日は開館、翌日以降の平日に振替休)、11/4~4/28(冬期休館)
公開時間/9:30~17:00
料金
一般100円、高校生・市内の70歳以上の方50円、中学生以下無料
※団体割引あり

アクセス

札樽自動車道小樽ICより高島岬方面に約5㎞
中央バス「小樽駅前」より2系統(高島3丁目)、「総合博物館」停下車、徒歩で約3分

記事一覧に戻る

PAGE TOP