HOKKAIDO SHINKANSEN

SIGHTSEEING 観光情報

函館コラムCOLUMN of HAKODATE

いつもの自分を、忘れる時間へ。
【道南】北の南で戯びませう。

北の南で戯びませう。

カラッとした陽気が心地よい、北海道の夏。太陽に照らされて、人もまちもエネルギッシュに。夏から秋にかけて、函館とその周辺では注目すべき風物詩が目白押しです。祭りが夏を暑くする、北海道の南へ。思い出を色鮮やかにする、旅の見どころをご紹介します。

観光スポット

01姥神大神宮

創立年代は不詳。約570年前の文安4年(1447年)に折居姥の草創とされています。文化14年(1817年)には正一位姥神大神社宮号を勅許された、歴史ある神社。毎年8月には、13台の豪華な山車や御輿が町を練り歩く「江差・姥神大神宮渡御祭」が開催されます。

住所/江差町姥神町99番地
アクセス/新函館北斗駅から車で約1時間
お問い合わせ先/TEL. 0139-52-6716(江差町役場)
> 詳細HPはこちら

01姥神大神宮

02いにしえ街道

ニシンの繁栄が息づく町として、今春、文化庁「日本遺産」に認定された江差町。中歌、姥神町一帯の旧国道沿いの「いにしえ街道」には、商家、町屋、社寺などの歴史的建造物や史跡、旧跡が数多く残されています。散策がてら、ニシンそばなどの郷土の味覚も楽しめます。

住所/江差町字中歌町~姥神町一帯(旧国道沿い)
アクセス/新函館北斗駅から車で約1時間
お問い合わせ先/TEL. TEL0139-52-6716(江差町役場)
> 詳細HPはこちら

02いにしえ街道

03松前寺町

江戸時代、日本で最後に築城された城郭「松前城」。その北側には道内唯一の寺町があり、龍雲院、法源寺など5つの寺や松前藩主松前家墓所が現存しています。例年7月下旬には松前公園の約2000株のあじさいが見頃を迎え、毎年8月には「あじさいまつり」も開催されます。

住所/松前町字松城
アクセス/木古内駅から車で約1時間
営業時間/松前城9:00~17:00(入館時間は16:30まで)
お問い合わせ先/TEL. 0139-42-2726(松前観光協会)
> 詳細HPはこちら

03松前寺町

04函館市縄文文化交流センター

北海道唯一の国宝「中空土偶」を始め、函館市内の縄文遺跡から発掘された貴重な遺物を展示・公開する施設。縄文ペンダントづくりやミニチュア土器づくりなど、常時予約なしでできる体験プログラムを用意。「道の駅」縄文ロマン南かやべも併設しています。

住所/函館市臼尻町551番地1
アクセス/新函館北斗駅から車で約50分
営業時間/9:00~17:00(4/1~10/31) ※11/1~3/31は16:30まで
定休日/毎週月曜(祝翌日)、最終金曜、年末年始
お問い合わせ先/TEL. 0138-25-2030
> 詳細HPはこちら

04函館市縄文文化交流センター

05きじひき高原

標高560mの展望台からは、巨大な弧を描く北海道新幹線の高架橋に、函館山、大沼公園、駒ケ岳、遠くには青森県の下北半島も眺められ、360度の大パノラマを楽しめる場所です。2015年には屋内展望施設も完成。大沼公園へのドライブ途中に立ち寄るのもおすすめです。

住所/北斗市村山174番地
アクセス/新函館北斗駅から車で20分
営業時間/8:30~20:00 ※4月末~10月末まで通行可能
お問い合わせ先/TEL. 0138-77-8381(きじひき高原キャンプ場管理事務所)
> 詳細HPはこちら

05きじひき高原

イベント

01江差・姥神大神宮渡御祭

起源は370有余年にもさかのぼる、北海道最古の祭り。宝暦年間(1751~1764年)に作られた神功山をはじめ、武者人形、能楽人形などを配した豪華な13台のヤマが、流暢な祇園囃子の調べにのって町内を練り歩きます。はるか遠い江差のニシン景気を現代に伝える夏の大祭です。

会場/町内一円
期間/2017年8月9(水)~11日(金・祝)
お問い合わせ先/TEL. 0139-52-6716(江差町役場)
> 詳細HPはこちら

01江差・姥神大神宮渡御祭

02函館港まつり

「箱館開港パレード」を皮切りに、打ち上げ花火や、「函館港おどり」「函館いか踊り」を踊りながら約2万人の市民が街を練り歩く「ワッショイはこだて」など、市内一円が賑わう函館の夏の風物詩。「セーリング・クルーザーを楽しむ試乗会」など港町ならではの催しも多彩。

会場/函館市内一円(花火会場:函館港一帯)
期間/2017年8月1(火)~5日(土)
お問い合わせ先/TEL. 0138-27-3535(函館港まつり実行委員会)
> 詳細HPはこちら

02函館港まつり

03はこだてグルメサーカス2017

食欲の秋にふさわしい、函館最大級のグルメの祭典。函館や道南はもちろん、函館とゆかりのある国内外の各都市の出店ブースが100以上並び、郷土料理など各店自慢の味覚をその場で味わえます。このほか、クイズ大会や伝統芸能などのステージイベントも行われます。

会場/はこだてグリーンプラザ・函館朝市第一駐車場 ほか
期間/2017年9月2日(土)・3日(日)
お問い合わせ先/TEL. 0138-21-3499
> 詳細HPはこちら

03函館グルメサーカス2017

04松前城下マグロまつり

北海道最南端・松前町特産のマグロを堪能する祭り。メインイベントは、松前沖で捕れたマグロの解体ショー。そのほか本マグロの柵売り、激辛マグロ丼早食い世界大会などユニークな企画も。本場「松前漬」の味比べコーナーも用意され、毎年多くの観光客でにぎわいます。

会場/松前城下通り一円
期間/毎年9月頃開催予定
お問い合わせ先/TEL. 0139-42-2339(松前商工会)
> 詳細HPはこちら

04松前城下マグロまつり

05GREAT EARTHみなみ北海道 駒ケ岳一周ライド

大沼国定公園と雄大な駒ケ岳を一周する、道南最大の自転車祭り。海・山・湖の多彩なルート上には、足湯や地元のお母さんたちの温かなおもてなしも。ライド翌日は、函館港で獲れた新鮮な活イカや牡丹海老も堪能できるなど、お楽しみ満点のスポーツイベントです。

会場/大沼国定公園特設会場
期間/2017年10月1日(日)
お問い合わせ先/TEL. 0467-38-4420
> 詳細HPはこちら

05GREAT EARTHみなみ北海道 駒ケ岳一周ライド

定期観光バス 江差・松前 名所周遊号
[運行日]2017年7月1日(土)~9月30日(土)の毎日
松前城や松前藩屋敷、江差町いにしえ街道、江差追分会館など、江差と松前の名所を一気にお楽しみいただけます。

詳しくはこちら

ツインクルバス 大沼三昧。駒ケ岳周遊号
[運行日]2017年7月1日(土)~9月30日(土)
きじひき高原からの函館山・大沼・駒ケ岳の大パノラマに、季節の彩りランチ、旬の野菜収穫体験など、ぐるりと大沼を満喫。

詳しくはこちら

ツインクルバス森町の自然体験号
[運航日]2017年4月29日(土・祝)〜6月25日(日)の土・日・祝
函館から森町まで、城岱牧場でちょい食べや野菜収穫体験または体験メニューを楽しみながら、夏の自然を満喫できます。

詳しくはこちら

PAGE TOP